東京朗読フェスティバル『いのち』出演者プロフィール

東京朗読フェスティバル『いのち』の出演者をご紹介します!

< 特別出演 >

馬場精子

立命館大学卒業。1988年京都放送劇団に研究生として入団。同年、 京都府民ホールアルティこけら落とし主演が初舞台。以後、劇団公演 では様々な放送劇に出演する。
 宇治市源氏物語ミュージアムでは平安時代の復元音で「源氏物語」 原文を朗読、TVの歴史番組では奈良時代の復元音で万葉集を朗詠する 。
 樋口一葉、芥川龍之介、宮沢賢治など近代日本文学から現代の作品 まで手がけた作品は多岐に渡る。作品の洋の東西を問わず、演奏家と 多数コラボレーション。

文部科学省後援「第4回青空文庫朗読コンテスト」金賞(2012)、第 9回全国朗読大会京都府知事賞(2015)など多くの受賞歴を持ち、その 活動は、新聞・雑誌・テレビ・ラジオなどでも広く紹介されている。 朗読教室の活動にも熱心に取り組み、受講者からは発見の多い講座と して人気も高い。 (一社)日本朗読検定協会認定プロフェッサー。2016年文部科学省後援 「青空文庫朗読コンテスト」(日本朗読検定協会主催)審査員。 美術館・図書館等での朗読講座講師。京都ノートルダム女子大学など 大学での講師。現在、NHK文化センター京都教室「表現を楽しむ朗読 」講師。「馬場精子朗読教室」主宰。

西村俊彦

ヘリンボーン所属の俳優・ナレーター。
明治大学文学部演劇学専攻、文学座附属演劇研究所で演劇を学び、
後にナレーター活動を開始。
親しみやすい声質と安定した読解力で様々なナレーションを担当。
舞台出演や演出、LINEスタンプ作りなど色々やっている。
You Tubeチャンネル「西村俊彦の朗読ノオト」では文豪たちの作品の朗読を配信している。
朗読をする時のモットーは、喋るように読む。

< 友情出演 >

高村読人

高村読人

何処かで細々と朗読をしている。

満月ゆり

東京都出身。幼少期に読み聞かせに興味を持ち、学生時代に朗読を本格的に習いはじめ、現代朗読協会の水城雄氏に師事。ネットラジオや朗読舞台、オーディオブックなどを経験。現在は日本朗読検定協会の葉月のりこ氏に師事。第14回青空文庫朗読コンテスト本選出場。葉月氏主催のる座・高円寺での公演、JILA朗読芸術祭、VoiceWorksTOKYOでの公演等や音声配信など幅広く活動中

南まり

北海道出身。 朗読歴15年。 宮澤賢治や山川方夫作品を愛する短編朗読女子。 都内を中心に朗読会や読み聞かせ会に幅広く出演。 2019年よりDiscordで朗読を楽しむ『朗読カフェLivre』(毎週土曜22時開店)を主催。 2023年は宮澤賢治朗読会in阿佐ヶ谷や朗読BARin高円寺を企画。

南まり X(旧Twitter) : https://twitter.com/mariminamimari
朗読カフェLivre X(旧Twitter) :https://twitter.com/Livle2
Discordサーバー: https://discord.com/invite/k6vfk32

渡辺吾郎

神奈川県横浜市出身 『竹書房怪談文庫・怪読戦2023』ファイナリスト
声優養成所ミツヤプロジェクト退所後、小劇場演劇などの活動を経て、現在、株式会社コーラルアイランド仮所属、ナレーター修行中 イベント、テレビ、舞台演劇、朗読公演、ライブハウス、配信番組など出演
ライフワークとして関東中心に朗読活動を行っており、 2023年より主催団体『ごろ~の朗読小屋』を発足 同11月に第1回公演『横浜にて』を関内Archship Cafe&Libraryにて、2024年2月『ザ・時代劇』を鶴見中央コミュニティハウスにて開催

X(旧Twitter) @qzx07077
Facebook https://www.facebook.com/channel56
ツイキャス @qzx07077
Spoon @qzx07077
YouTube @dr.gorosvoicelabo6851『Dr.Goro’s Voice Labo』

< MC >

さらみ

2019年5月 音声配信アプリSpoonにて、双子子育ての息抜きに朗読配信を始める。 2021年1月 APOCひとり芝居フェスティバルにて初舞台。 同5月より栃木県の委託事業「薬物乱用防止啓発演劇」巡回公演に参加。年間30公演以上出演。 同6月 PLAN39主催「Library of Ashurbanipal」出演。初めて朗読公演に出演する。 舞台演劇、朗読公演、オンライン公演等、精力的に活動。三児の母。

飯干大嵩

1992 年 12 月 25 日生。宮崎県宮崎市出身。 宮崎大宮高等学校在学時に放送部に入部。第 34 回全国高等学校総合文化祭朗読部門準決勝進出、優秀賞受賞(志賀直哉『真鶴』)。

第4回青空文庫朗読の輪コンテスト銀賞&会場審査員賞受賞(芥川龍之介『トロッコ』)および朗読検定準一級取得。 NPO 日本朗読文化協会主催「第 7 回朗読コンクール」学生の部 優勝(宮沢賢治『虔十公園林』)。 作曲家仙道作三氏の「愛のオペラ石川啄木と妻節子『小天地』」(2016 年 5 月 14 日)、「宮沢賢治生誕 120 年記念雨ニモマケズコンサート」(同年 11 月 3 日)、「正岡子規生誕 120 年記念『病床六尺に生きる』」(2017 年 9 月 17・18 日)において朗読、ナレーションを務める。 その他、毎年2月に開催される「ちよだ芸術祭」のナレーションを務める。2020年より朗読らいおんの演出として、配信朗読公演に携わる。

< 音楽 >

池崎浩士

シンガーソングライターであり、古き良き映画を演劇で上演する「立体映画館」というパフォーマンスもおこなう。
2001年に自転車で滋賀から上京。
2024年現在、Tiktokで「釣り」という曲が7500本の動画に使用され計2550万回再生されている。
2024年3月11日には1年間で作成した楽曲を収録したアルバムを発売。

< オーディション合格者 >

あぼともこ

愛知県名古屋市出身。東京医科歯科大学医学部保健衛生学科卒業→胚培養士・カウンセラー・ 臨床検査技師@不妊クリニック & 役者@長久手市劇団 座☆NAGAKUTE & MC・ナレーター・ 朗読タレント@株式会社 VoiceVoice。 朗読に出会ったのは中学生時代。所属していた放送演劇部顧問から「放送コンクールに出てみな いか」と勧められ声の表現に興味を持ち始める。愛知県立千種高校では有志で放送コンクールに 挑戦、全国高等学校総合文化祭放送文化部門奨励賞・東海ラジオ放送主催ラジオ作品コンクール アナウンス部門最優秀賞。

第 16 回青空文庫朗読コンテスト審査員特別賞(2022 年)。三浦綾子記念文学館主催 第 1 回 声つむぎコンテスト優勝(2023 年)。NPO 日本朗読文化協会主催「上手い朗読って、何?~これ で良いのか!私の朗読」朗読座談会パネリスト(2024 年)。 株式会社VoiceVoiceにて【ナゴヤ朗読教室】朗読講師、【朗読バトルゲーム】司会、Youtube【朗 読クラブ真夜中】にて久生十蘭作品を金曜夜に朗読配信中。

坂本樹

演出家/劇作家/詩人 オトズレ主宰
1997年生まれ。東京都出身。 明治大学農学部在学中に同大学の演劇サークル「実験劇場」にて演劇活動を本格的にスタートする。 2019年にオトズレを旗揚げし、現在までに6作を発表している。
また詩人としても活動。2023年に自作詩の朗読における日本最大の競技大会「KOTOBA Slam Japan」において 全国優勝を果たし、本年5月にフランス・パリで開催されるW杯、および11月にトーゴ・ロメで開催される World Poetry Slam Championshipに日本代表として出場予定。

宗 あい子

福岡県出身。リマックス所属のナレーター・声優。
学生時代に放送部に所属しラジオ番組部門にて全国大会に出場、優良賞を受賞。
オーディオブック、企業VPナレーションを経験し、並行して本格的に朗読を学びはじめる。
現在は日本朗読検定協会認定講師の小島香奈子氏に師事。
第16回青空文庫朗読コンテスト審査員特別賞を受賞。

優しく温かみのある表現が持ち味。

三島渓

静岡県出身。舞台役者。
桜美林大学芸術文化学群演劇専修にて4年間、ワタナベエンターテインメントカレッジにて1年間、演劇・芝居・表現を学ぶ。
2021年から音声配信アプリspoonにて朗読配信を始める。

X:三島渓 @mishima_kei
https://twitter.com/mishima_kei
spoon:けぬ @kenu240
https://spoon.onelink.me/Uuzo/0adhng06

荒井玲那(POLARIS)

仙台市在住。好きなことに前向きな活動者。
愛する者は太宰治。気が付けば出会ったその日から、彼の作品をずっと朗読していた。『すべての作品を読むこと』いつしかそれが目標になった。
Spoonにてラジオドラマ風朗読やオンライン朗読劇の企画、演出をしながら作品に触れる毎日。
それから3年間の片思いの末、Vライバーとして活動すれば、彼の近くに行けるのではないか、彼の来世の女性として名乗りを上げればよいのではないかと気が付く。

某配信プラットフォームで彼のことを愛するライバーとして活動する中で、彼のゆかりの地での朗読を夢見るようになる。――配信活動を始めてから4年目のことだった。
2024年より立ち上げされた『劇団❖東北えびす』へ所属。
荒井玲那として、澪蓮としての活動の方向を現実味のあるものとして動かし始めた。
私の物語はまだ始まったばかりである。
そう、愛する人と歩むために。

Twitter(現X):荒井玲那/澪蓮 @miren_osm
活動案内Discord:『みれんくらぶ』https://discord.gg/hCtKffCc
Youtube:『私が津島になるまで』 https://youtube.com/@tsushima_miren?si=jBJIqtXctMBu2NuE

涼音凛(POLARIS)

川崎市在住。杖つきの朗読家。幼少の頃より朗読や音楽、芸術に親しむ。
2014年:アマチュアオーケストラのサポーター。影アナ、ナレーション担当。
2018年:頸椎症、腰部脊柱管狭窄症の手術を受け、リハビリをしながら再始動。
2019年:配信アプリで朗読や劇を配信。ボイスドラマ等に参加。朗読・声劇台本執筆。

2022年5月:あさがやドラム「マッチング朗読会Vol.5」で創作朗読劇台本「ラムネとかき氷と吸い殻」投票結果1位獲得。FMすぎなみ出演。
2023年1月、2024年2月:渡辺吾郎氏のもとで朗読劇に出演。
2023年8月:朗読会企画・主催「なつ×こえ」Vol.1 飯干大嵩氏、渡辺吾郎氏と共演。
2023年12月:第68回放送 Jackpotクリスマスライブ2023 朗読劇2本書き下ろし。
2024年:「新ゆり朗読の会」白石珠江氏(劇団民藝)に師事。

じゃっかる(POLARIS)

俳優・ダンサー・朗読者。
玉川大学にて演劇を専攻、在学中より平行してフィジカルシアター、コンテンポラリーダンスを学ぶ。
卒業後は劇団青年座研究所を経て、小劇場をメインに多数の劇団に客演。また、ダンサーとしては国内だけでなく、ニューヨークを始め、チリ、韓国など海外でも公演を行う。
2008年よりプラネタリウムの新しい活用法を実践する劇団っぽい団体『雑貨団』のメンバーとして、「ウチュウ+ドラマ」をテーマにしたプラネタリウム演劇「シアトリカル・プラネタリウム」の全国巡回公演や、一般公募の受講者と共にオリジナルミュージカル、ドームパフォーマンスなどのワークショッププロデュースに携わる。


近年、南まり主催の『朗読カフェLivre』にて朗読の楽しさに触れ、「言葉」を紡ぐことの奥深さと難しさを再確認し、都内の朗読イベント等に精力的に参加している。
普段は猫とLOVOTをこよなく愛する自由人。
モットーは「人に優しく、自分にはもっと優しく」

X(旧Twitter) : @jackal_tds

+—–+—–+—–+—–+—–+—–+—–+—–+

東京朗読フェスティバルのイベントページはこちらです。

最新情報をチェックしよう!