悪いこと(フリー台本/3人用)

中学生の男子と女子が横浜でデートします。そしてちょっぴり悪いことをします。そんな台本です。

3人での朗読に適しています。

長さは10分と少しです。

最後の[アドリブ]は入れなくても成立します。
入れたい一言を思い付いたら入れてみてください。

ページ末尾にフリー台本としての[利用規約]を記載しています。ご確認の上ご利用ください。

悪いこと

柳原路耀(ヤナギハラロック) 作


[登場人物]
館野匠吾(たての しょうご) 14歳中学生
小林萌々花(こばやし ももか) 14歳中学生
語り


[以下本文]
+—–+—–+—–+—–+—–+—–+—–+—–+

1

夕暮れの横浜。
ライオンシネマみなとみらい・チケット売り場。
カップルや親子連れで混雑している。
壁に映画ポスターが並んでいる。
『真夏のいたずら』というR15の映画ポスターが貼ってある。
そのポスターの前を歩く小林萌々花(こばやし ももか)14歳。その後ろから、同い年の館野匠吾(たての しょうご)が追いかけてきて、腕を掴む。

匠吾「待って」

萌々花が振り向き、掴まれている腕を見る。
匠吾が慌てて手を離す。
萌々花がチケットを掲げて聞く。

萌々花「真夏のいたずら、見たくない?」

匠吾「見たいけど…」

匠吾はポスターの『R15』という文字を見る。
萌々花が無邪気な笑顔で言う。

萌々花「年齢制限なんか全然平気だよ。あたし、小学生の頃からR15見てるもん」

匠吾は少し驚いた顔になる。

匠吾「入口で止められない?」

萌々花「うちら14歳だよ。1歳の差なんてバレないよ。もし止められたら、ポケモンのチケットを買うっていう手もあるし」

匠吾「ポケモン見るの?」

萌々花は、ずるそうな顔になって言う。

萌々花「中に入っちゃえば、真夏のいたずらを見るに決まってるじゃん」

匠吾の口がポカンと開(あ)く。

萌々花「ね、平気でしょ」

萌々花が入場口へと歩く。スタッフにチケットを見せようとすると、匠吾の姿がない。

匠吾は少し離れたところでモジモジしている。
萌々花が入場口で止まっているので、後ろから来た客が渋滞している。

2

二人は映画を見るのを諦めて、横浜スペースワールドの観覧車に乗る。
イルミネーションが輝く観覧車の中心には、大きなデジタル時計が付いている。時刻は夜の7時。健全な青少年は家に帰る時間である。
二人が乗るゴンドラから夜景が見える。
しかし萌々花は不機嫌そうな顔をしている。
匠吾が向かい側に座り、萌々花の顔色をうかがっている。

匠吾「小林さん、怒ってる?」

萌々花は夜景を見たまま言う。

萌々花「別に」

匠吾が財布から千円札を出して、萌々花に渡そうとする。

匠吾「これ、映画、見れなかったから」

萌々花はチラリと千円札を見る。

萌々花「匠吾が、あの映画を見たそうに言うから、プールさぼって来たのに」

匠吾「見たかったけど…僕たち、まだ15歳じゃないから…悪いことだから」

萌々花「匠吾もプールさぼったじゃん。もう悪いことしてるじゃん」

匠吾が千円札を引っ込めて、うつむく。
萌々花が匠吾の財布を覗き込む。

萌々花「いっぱい入ってる」

匠吾「お小遣いをもらう前だから、少ないよ」

萌々花「お小遣い、いくらもらってるの?」

匠吾「えっと、10万円」

萌々花「10万!」

匠吾「多い?」

萌々花「多いよ! 親、なんの仕事してるの?」

匠吾「医者」

萌々花「お父さんが?」

匠吾「お父さんもお母さんも」

萌々花「うそっ・・・!」

匠吾「小林さんの親は?」

萌々花は、夜景に目を移す。

萌々花「わあ、きれいだね~」

匠吾「うん、ちょうどてっぺんだね」

窓から横浜の夜景が一望できる。ゴンドラは頂点から、段々と低くなっていく。

萌々花「あ~あ、夏休みも終わっちゃうなぁ。もう一回海に行きたかったなぁ」

匠吾「海、行ったの?」

萌々花「行ったよ、ほら」

萌々花がTシャツの襟ぐりを引っ張って、水着の跡を見せる。しかし、薄暗くてよく見えない。
匠吾が顔を近づける。

萌々花「日焼けの跡、ほら、わかる?」

匠吾がさらに顔を近づける。その拍子にバランスを崩して倒れかかる。萌々花が両手を伸ばし、匠吾の体を突っぱねる。

萌々花「キスしようとしたでしょ」

匠吾「してないよ」

萌々花「した」

匠吾「してない」

萌々花「ファーストキスは簡単にあげないんだから」

萌々花が唇を堅く閉じる。

3

スペースワールドのお土産屋『スペースショップ』
数人の客がいる。レジには、女性の店員がいる。
萌々花がスペースワールドのマスコット人形『コメットちゃん』を手にとって値札を確認する。『2800円』とある。

萌々花「買えないや」

萌々花がコメットちゃんを棚に戻す。

匠吾「僕が買ってあげる」

匠吾はコメットちゃんを手に取り、レジに並ぶ。会計の順番が来るのを待つ。萌々花は、棒が付いているアメを棚からとって、指でクルクルと回す。
会計中の客が小銭を落とし、皆の視線がそちらに注がれる。

萌々花「それ、いらないから、行こう」

匠吾が振り返ると、店を出ていく萌々花が見える。
レジでは、転がった小銭を探している。
匠吾は萌々花に置いていかれまいと、急いでコメットちゃんを戻して、店を出る。

スペースショップから、少し離れたところ。観覧車やジェットコースターなどのアトラクションが周りに見える。人はまばら。
匠吾が萌々花を追いかける。

匠吾「小林さん!」

止まって振り返った萌々花は、棒がついたアメを舐めている。
萌々花が、ずるそうに笑う。

萌々花「これ、万引きしたと思う?」

匠吾がおそるおそる頷く。

萌々花「チクる?」

匠吾が首を大きく横に振る。

萌々花「本当?」

匠吾「絶対言わない」

萌々花がスカートを揺らしながら、腰のところをポン、ポン、と叩く。
匠吾がズボンのポケットを探って、ハッと驚いた顔になる。ポケットから萌々花と同じ棒つきのアメが出てくる。

匠吾「どうしてここに入ってるの・・・?」

萌々花「匠吾、万引きしたの?」

匠吾「してない! 小林さんが入れたの?」

萌々花「ふふ、それを舐めたら、仲間だね」

匠吾が手の中のアメを見つめて固まる。

萌々花「映画のことも許してあげるよ」

匠吾がアメの包みを開き、口に差し入れようとして、迷う。
萌々花が、スペースショップの方に目を移す。

萌々花「ヤバイ!」

萌々花が駆け出す。
匠吾が振り返ると、女性店員がこっちに歩いてくる。
匠吾も必死になって駆け出す。途中でアメを投げ捨てる。

明かりが届きにくいフェンス際(ぎわ)までやってきた二人。しばし息を整える。萌々花がアメを突きつけて聞く。

萌々花「匠吾のは!?」

匠吾「・・・捨てた」

萌々花「どうして捨てちゃうわけ!?」

匠吾「万引きは、悪いことだから」

萌々花「悪い女は、嫌い?」

匠吾は答えられず、身を縮めて腕をひっかく。
萌々花がアメを差し向ける。

萌々花「じゃあ代わりにこれを舐めたら、許してあげる」

匠吾「小林さんが舐めたやつでしょ・・・?」

萌々花「そうだよ」

萌々花が、アメをさらに近づける。
匠吾が口を開きかけ、ためらう。

萌々花「あたしのこと、好きじゃないんだ」

匠吾はアメをよけ、一瞬のうちに顔を近づけて、萌々花の唇を奪う。アメがポロリと落ちる。呆然とする萌々花を置き去りにして、匠吾は駆け出す。

萌々花「ファーストキス…」

萌々花は唇に指を添え、我に返って叫ぶ。

萌々花「どろぼー!」

その声を背に受けながら、匠吾は必死な顔で駆けていく。

匠吾「(アドリブで一言)」

(おわり)

*****************


[利用規約]

1.利用に際して、作者・柳原路耀や《朗読らいおん》に許可を求める必要はありません。

2.利用の際に、文字や口頭などなんらかの形で作者が柳原路耀(ヤナギハラロック)であることを明示してください。

3.非商業利用、商業利用に関わらず利用できます。

4.この台本をアニメ化、映画化するなど、声劇・朗読の枠を超えた利用をしたいという場合についてはご相談ください。キャラクターを描いて静止画を付加する程度でしたら、ご連絡の必要はありません。

5.著作権は柳原路耀に帰属します。

6.二次配布は禁止します。


(2022年3月2日更新)

*****************

[フリー台本一覧はこちら]

最新情報をチェックしよう!